学習塾で個別指導「マンツーマンだからできる勉強方法」

費用を比較してみよう

家庭教師とも比較しよう

女子学生

お子さんを学習塾に通わせる時に一番の気がかりは、親御さんからすると費用が挙げられることでしょう。
金銭的に余裕がないものの通わせるのなら、当然、少しでも費用がかからない学習塾を選択したいものです。
ただし、せっかく通わせても身につかないようでは困ります。
そこで、いろいろな学習塾の評判を比較することが大切です。
まず、相場を調べてみましょう。
一般的に、月に何回通うかという点で費用が決まります。
週に一度で月に4回程度なら2万円前後です。
もちろん、選択する科目が多ければ多いほど、さらに費用もかかることになります。
また、学習塾といっても集団指導もあれば、個人指導もあります。
どちらがお子さんにとって学習しやすいのか、この点も考慮しましょう。
最近は個別指導が人気です。
講師と一対一、もしくは少人数で教えてもらった方が質問もしやすく、丁寧に教えてもらえると言われているからです。
当然、集団指導と個別指導とでは費用が異なります。
もし、個別指導を選択するのなら、家庭教師を雇うのと費用がどのくらい違うのか、この点も調べてみましょう。
どちらも一対一で教えてもらえるので、一見、学習の仕方は大差ありません。
しかも、家庭教師は家まで来てくれます。
通う手間を考えると家庭教師の方がお得だと感じることもあるでしょう。
全体的に、家庭教師を雇った方が費用は高めとなります。
自宅に来てもらうという手間代も入るからです。
その点も考慮して、より良い方を選択しましょう。

まずは資料請求から

学生

「生徒一人ひとりに合った指導」や「合格を見据えた先取り学習」など、学習塾はそれぞれの特徴を前面に押し出し宣伝しています。
とは言え、その特徴の詳細は、ホームページを見ているだけでは掴みきることはできません。
そのため、学習塾への入塾をする際は、まずは資料請求からはじめましょう。
ホームページや電話で資料請求を行う際は、生徒情報をできるだけ細かく伝えましょう。
このひと手間で、お子様に最適な学習塾を見つけられる可能性が高まります。
面倒見の良い学習塾であれば、生徒に合った講座の資料を追加してくれたり、気の合いそうな講師情報を載せてくれたりするのです。
また、比較検討のために2、3社の資料を取り寄せましょう。
月謝の相場や進学実績も、比較検討することで適切な選択がしやすくなります。
資料が届いてから行うことは、まず第一に「体験授業」です。
多くの学習塾は無料体験授業を行っています。
大手では、科目ごとに一回まで無料で授業を受けられる場合もありますので、都合の良い日と科目をある程度決めたら、一度電話などで体験授業申し込みを行ってください。
その際に確認すべきことは「体験授業当日の持ち物と服装」と「面談の有無」です。
上履きが必要だったり、制服着用義務があったりと、勉強をする環境を整えるためにルールが設けられている学習塾が多いので、体験授業の前に確認しておきましょう。
また、体験授業の前後に面談を行う学習塾もあります。
より適した指導をするために、生徒情報の把握を行うためです。
スムーズに連絡をとるために、体験授業が終了したら入塾意思の有無を伝える日を学習塾側に伝えておきましょう。
他者とじっくり比較して、最適な学習塾を選んで必ず連絡をしましょう。

キャンペーンを生かして

女の人

学習塾に通うとなると、月謝はもちろんのこと、教材費や諸費などの支払いをしなければならない場合があります。
さまざまな費用がかかってきますが、キャンペーン期間を生かしてお得に入塾することが可能です。
費用の中で、最も削減しやすいのは「入塾金」です。
入塾金をお得にする方法として、体験授業を受けてからの入塾や、講習を受けてからの入塾などがあります。
まずは「体験生」という形でその学習塾の環境を知り、雰囲気に慣れてから入塾するというプロセスなので、利用者側にとってもメリットが大きい入塾方法です。
また、入塾のタイミングを工夫することでも入塾金をお得にできます。
高校生対象の塾を例に挙げると、大学入試が終了して生徒数が減る3月は、学習塾側が最も生徒を集めたい時期です。
新学年への移行時期も控えているため、このタイミングでキャンペーンが始まることが多く、入塾金をメインに費用免除が行われます。
このように「生徒数が減るタイミング」と「生徒を集めたいタイミング」を考慮していくと、お得な入塾が可能な時期がみえてきます。
また、入塾後にもお得なキャンペーンがあります。
最も有名なのは、塾生が新しい塾生を連れてくるとクオカードなどがもらえるというキャンペーンです。
地域に根差した学習塾であれば、同じ学校の生徒が集まりやすく、その大半が口コミでの入塾です。
学習塾側も、この口コミの効果を生かすために、塾生がお得になるようなキャンペーンを定期的に行います。
以上のように、キャンペーンのある時期とその有効活用方法を知っておくと、お得に学習塾を利用することができます。

お子様に適切な学習環境を

勉強

現在の学習塾は様々なスタイルを取っているため、体験レッスンなどを利用して、お子様にあわせたところを探しましょう。有名講師がいる施設や少人数システムの施設など、様々なシステムの学習塾があるため、お子様にふさわしいところが見つかります。

もっと読む

勉強に励む学生の方へ

学生

失敗しない学習塾の選び方として、実績のある塾を選択することが重要です。また、自宅や学校から近く通いやすい環境にある塾もおすすめです。同じ学年の学生が多い塾だと、互いに刺激しあって勉強を続けることができるでしょう。

もっと読む

費用を比較してみよう

女子学生

学習塾に通う費用相場を調べてみましょう。全体的に月に2万円前後が多くなっています。ただし、集団指導と個別指導とでは費用が異なります。個別指導を選択するのなら、家庭教師を雇うのとどちらがいいのか、この点も比較してみましょう。

もっと読む