学習塾で個別指導「マンツーマンだからできる勉強方法」

お子様に適切な学習環境を

個人でも集団でも習える

勉強

一昔前までの学習塾は、学校と同じく一人の講師に多数の生徒というスタイルが多かったでしょう。
しかし、現在ではそのイメージとは違い、一人の講師に少ない生徒というシステムを導入しているところも多いです。
そのため、『本当は家庭教師を頼みたいけれど予算を考えると無理』だというご家庭にも学習塾はおすすめします。
ただし、どのようなスタイルの学習塾に通わせるべきかは、お子様の学習レベルにあわせる必要があるでしょう。
まず、少ない人数で習えるタイプの学習塾は、勉強の正しいやり方が分かっていないお子様にあったシステムです。
勉強に躓いていると講師がすぐに対応してくれるため、分からないまま無駄に時間が経過するということはありません。
マンツーマンだけではなく、一対三などの変則的な学習塾もあるので、家庭教師よりもずっと安価に通えるのも大きな特徴といえるでしょう。
逆にお子様が勉強の仕方を確立していて、独学でもそこそこ結果がだせているのなら、集団システムの学習塾でも大丈夫です。
一人ひとりにかけてもらえる時間は減りますが、集団システムの塾では有名講師を雇っているケースもあるので、全国レベルの質が高い授業を受けられるでしょう。
どちらにお子様を通わせるにしても、最初は体験レッスンを通じて適合性を確認するべきです。
学習塾によって独自のカリキュラムを組んでいるところもあるため、数多くのレッスンを体験させて、お子様が通いたいと思えるところを見つけだしましょう。

環境に注目してください

生徒

お子様の勉強の悩みを解決し、目標を達成するために、学習塾は最適な選択肢の一つです。
さまざまな特徴を売りにした学習塾が、あちらこちらに存在しています。
しかし、選択肢が多いことがかえって、学習塾を初めて検討されているご家庭にとっては、悩みの種になりますよね。
良い学習塾を選ぶたねには、判断基準をしっかりと押さえて情報収集を行いましょう。
一つめのポイントは、その塾に通っている生徒の学校の種類です。
学習塾のメリットは、お子様が通う学校とは異なる環境であることです。
同じ学校の生徒ばかりが集まる塾では、そのメリットはなくなります。
さまざまな学校の生徒と触れ合い、勉強の刺激を受けるためにも、あえて異なる学校の生徒が集まる塾を選ぶことが必要です。
お子様が勉強する目的はさまざまですが、「受験突破」が最終目標であることが多いと思われます。
そのため、たとえ各学校のカリキュラムに完璧に沿っていなくても、多くの学校の生徒が集まる塾は、受験対策が得意であることが多いです。
逆に言えば、受験対策が得意だからこそ、さまざまな学校の生徒が集まるのです。
二つめのポイントは、講師が担当科目の掛け持ちを極力していないことです。
これは中学生や高校生を対象とした学習塾のことですが、英語の講師が数学や国語の授業もしている、というのは非常にもったいないです。
塾講師とは、学校の教師と違い「科目指導に特化している」という点が魅力です。
それにもかかわらず、科目を掛け持ちしていると、並外れた能力のある講師を除き、指導力は低い可能性があります。
そのため、塾選びの際は、各講師の担当科目が少ないということを判断基準にしてみてください。

最大限の効果のために

男性

学習塾には、個別指導と集団指導という二つの指導形態があります。
学校の授業進度に合わせて補習をしていきたい場合は個別指導を、受験対策を考えている場合は集団指導を選択すると良いでしょう。
どちらの指導形態にもメリットがありますが、個別指導のほうが苦手に応じてピンポイントで対策ができ、集団指導のほうが入試頻出の問題に触れやすいと言えます。
どちらの指導形態を採用している学習塾であっても、重要なことは「授業以外の学習」であり、そのための環境が整っている学習塾を選ぶことが大切です。
授業は週に1〜3日、1コマ60〜100分程度ですが、学習塾を使えるタイミングは授業時間だけではありません。
「一人で勉強ができる環境」と「質問をしやすい環境」がある学習塾こそ、学力向上に最も役立ちます。
大手の学習塾には、必ずと言っていいほど自習室が設置されています。
授業前の予習をしたり、授業内容を即座に復習したりするための環境です。
学習の基本である「予習・復習」をできる環境を利用することで、週に数時間しかない授業をより有意義なものにできるのです。
逆に言うと、授業を「受けっぱなし」にしてしまうと、学習塾に来る意味は非常に薄くなります。
さらに、質問をしやすい環境で、一人での勉強の限界がきたときの保険が確保されます。
例えば、講師がいるスペースが自習室と近かったり、いつでも質問ができるように常時質問対応用に講師がいたりという環境です。
そのような学習塾であれば、自発的な学習が促進されやすくなります。

お子様に適切な学習環境を

勉強

現在の学習塾は様々なスタイルを取っているため、体験レッスンなどを利用して、お子様にあわせたところを探しましょう。有名講師がいる施設や少人数システムの施設など、様々なシステムの学習塾があるため、お子様にふさわしいところが見つかります。

もっと読む

勉強に励む学生の方へ

学生

失敗しない学習塾の選び方として、実績のある塾を選択することが重要です。また、自宅や学校から近く通いやすい環境にある塾もおすすめです。同じ学年の学生が多い塾だと、互いに刺激しあって勉強を続けることができるでしょう。

もっと読む

費用を比較してみよう

女子学生

学習塾に通う費用相場を調べてみましょう。全体的に月に2万円前後が多くなっています。ただし、集団指導と個別指導とでは費用が異なります。個別指導を選択するのなら、家庭教師を雇うのとどちらがいいのか、この点も比較してみましょう。

もっと読む